プロのケアとセルフケアがポイントです

プロのケアとセルフケアがポイントです

毎日のブラッシングやデンタルフロスなどの「セルフケア」だけでは、虫歯や歯周病は防げません。歯科医師や歯科衛生士による「プロによるケア」が不可欠です。糀谷・大鳥居の歯医者「有福歯科医院」では歯のプロによるケア「予防歯科」を行っています。歯垢・歯石の除去、フッ素塗布、お口にあったブラッシング方法の指導といったケアで虫歯・歯周病のない歯を目指します。

歯の大切な役割

歯の役割をご紹介します。食べ物の咀嚼だけでなくさまざまな役割を果たしています。

物を咬む 食べ物を咀嚼し、栄養を摂取します。
歯触り・歯ごたえを感じる 歯触りや歯ごたえによってより食事を楽しめます。
発音を助ける 息の漏れ方などによって発音を助けます。
異物を感じる 口の中に入った異物を発見します。
表情を豊かにする 健康に生えそろった歯はイキイキとした表情を生み出します。
力を発揮する 歯を食いしばることでスポーツなどの際、より大きな力を発揮できます。

いつも当たり前に行っている多くのことに、歯は関わっています。健康な日常を続けるために歯の健康を守りましょう。

当院は8020運動に力を入れています

当院は8020運動に力を入れています

8020運動とは、厚生労働省や日本歯科学会が推奨している「80歳で20本の歯を残そう」という運動のことです。健康な食生活を送るためには、最低20本の歯が必要です。しかし、日本の80代で20本以上の歯を有している人は、約2割程度と言われています。これは、北欧など歯科先進国と比べると少ない数です。当院では、虫歯・歯周病予防に力を入れ、80歳で20本の歯を残せるようサポートしています。

歯があることで寝たきり予防にも

咀嚼することは、脳への刺激にもつながります。そのため、歯が多い高齢者の方は、脳が活性化し、寝たきりになることも少ないと報告されています。体全体の健康のために歯の健康は必要です。

歯の健康を守る歯科衛生士

歯の健康を守る歯科衛生士

虫歯や歯周病を防ぐためには、毎日のブラッシングが必要不可欠です。しかし、通常のブラッシングだけでは、歯と歯の間や歯茎の間といった歯ブラシが届かない場所の汚れまで落とすことは困難です。これらの汚れもきれいに落とし、虫歯・歯周病をしっかり防ぐためには、歯科医院でのプロによるメインテナンスが必要です。「歯みがきしているから大丈夫」と安心せず、定期的にプロによる予防歯科を受診してください。

予防処置方法紹介

定期検診

定期検診

お口の状態をプロがチェックします。定期的に確認することで、虫歯・歯周病の早期発見につながります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お口の状態は人それぞれ。人によって歯並びも歯の大きさも異なります。当院では、そのような一人ひとりのお口を確認し、お口に合わせた最適なブラッシングの方法をお伝えいたします。

PMTC

PMTC

歯と歯の間や歯と歯茎の間といった普段のブラッシングでは落としにくい汚れを、専用機器を用いてきれいにします。虫歯・歯周病予防に効果的です。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせの乱れは、顎や顔、全身に負担を与えます。状況によっては顎関節症や肩こりの原因になることもあるのです。当院では咬み合わせが乱れていないか歯科医師や歯科衛生士がチェックします。

虫歯・歯周病のないお口のために定期的な健診を受けましょう!