歯を失うかもしれない怖い病気、歯周病

  • 歯を失うかもしれない怖い病気、歯周病
  • 歯を失うかもしれない怖い病気、歯周病

日本人が歯を失う原因で一番多い病気はなにかご存知でしょうか? それは歯周病です。なんと、日本人の成人の約8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍だと言われています。さらに歯周病は初期症状では痛みがないため、気がついた時には症状が進行していたということも多くあります。大切な歯を失わないために、「歯周病かも」と思ったら早めに糀谷・大鳥居の歯医者「有福歯科医院」にご来院ください。

歯周病になりやすい方

喫煙者の方

喫煙者の方

タバコに含まれている成分が歯ぐきやお口の粘膜から吸収されることで、お口の抵抗力が弱くなり歯周病にかかりやすくなります。

物を咬まない方

物を咬まない方

咀嚼することで唾液の分泌は活発になります。唾液には口の中をきれいにする自浄作用があるため、物を咬まず唾液が分泌されにくくなると歯のなかの細菌が繁殖しやすくなります。

間食が多い方

間食が多い方

口の中に食べ物があると、細菌も繁殖しやすくなります。間食が多く、常にお口の中に食べ物がある方は注意が必要です。

ストレスが多い方

ストレスが多い方

過度なストレスは免疫力を落としてしまいます。免疫力が落ちることにより、細菌が繁殖しやすい口腔内になり、歯周病を引き起こすことがあります。

歯周病は全身に影響を与えます

歯周病は以下のような全身疾患を引き起こすことがあります。

心臓病 血管から細菌が侵入し、血栓を作ることで、動脈硬化や心筋梗塞といった心臓病を引き起こすことがあります。
肺炎 誤って細菌を、気管に入れてしまうことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病の人は糖尿病が進行しやすく、糖尿病の人は歯周病になりやすくなってしまいます。
早産・低体重児出産 血管から細菌が入り、子宮に達すると陣痛のような筋肉の収縮を引き起こします。この収縮により早産や低体重児出産が起きやすくなります。

歯周病の進行段階と治療方法

軽度歯周炎
症状 治療法1
「正しいブラッシング」
治療法2
「スケーリング」
症状 治療法1「正しいブラッシング」 治療法2「スケーリング」
歯ぐきに軽い炎症が起きている状態です。ブラッシングの際、出血することもありますが、痛みはほとんどありません。 一人ひとりに合った正しいブラッシングが必要です。当院では患者様のお口に合わせたブラッシング方法をお伝えしています。 スケーラーという専用器具を使い、歯垢や歯石を落とします。
中等度歯周炎
症状 治療法1
「ルートプレーニング」
治療法2
「フラップ手術」
症状 治療法1「ルートプレーニング」 治療法2「フラップ手術」
歯ぐきの炎症が進んでいる状態です。顎の骨が溶けつつあるため、歯がぐらついてきます。口臭や出血などもこの頃からでてきます。 キュレットという専用器具を使い、歯周ポケット奥に入った歯垢や歯石を取り除きます。 歯ぐきを切開し、歯根にこびりついた歯垢を取り除きます。ルートプレーニングでは取り除けない歯周ポケット奥の歯垢を取り除く際に行います。
重度歯周炎
症状 治療法1
「GTR」
治療法2
「エムドゲイン法」
症状 治療法1「GTR」 治療法2「エムドゲイン法」
歯の骨は半分以上溶けて歯のぐらつきは増し、最悪の場合、抜け落ちます。膿や痛みもでるようになります。 歯周組織が失われた部分に、メンブレンという特殊な膜を入れ、組織の再生を促す治療法です。組織が再生した後、メンブレンは取り除きます。 歯周組織が失われた部分に、エムドゲインゲルという薬剤を入れ、組織の再生を促します。GTRのように後で取り除く必要はありません。

歯周病になる前に予防歯科を受診しましょう!

ページのトップに戻る

当院では極力痛みの少ない治療を実施しています

当院では極力痛みの少ない治療を実施しています

「痛そう」という理由で歯医者に苦手意識をもっている方も多いと思います。糀谷の歯医者「有福歯科医院」では、痛みに弱い方でもご負担なく治療を受けられるよう、痛みの少ない治療を実施しています。「歯医者が得意でない」という方でも安心してご来院ください。

痛みを少なくするための対策

表面麻酔

表面麻酔とは、注射をする前に歯ぐきの表面に塗る麻酔のことです。歯ぐきに麻酔が効いているので、注射の痛みを和らげることができます。

温めた麻酔液を使用

注射する麻酔液が冷たいと、体に入る瞬間に異物感があり、より痛みを感じやすくなります。当院では、麻酔注射時の痛みを少なくするために、麻酔液は人肌に温めて使用しています。

電動麻酔

手動で麻酔液を注入する場合、注入スピードにムラがでて、痛みの原因になってしまいます。
そこで、当院では、一定のスピードで麻酔液を入れる「電動麻酔」を使用。ムラなく注入できるので、針を刺している間の痛みが軽減されます。

細い注射針の採用

注射針が太ければその分だけ痛みは大きくなります。当院では、痛みを少なくするために、歯科界で一番細い33G(0.2mm)という細さの針を使用し、麻酔をしています。

当院の診療の流れはこちら