小児歯科Q&A

「何歳から通わせたらいいか分からない」「子供が歯医者を嫌がる」「おやつでむし歯にならないか不安」

お子様の歯に関してこのようなお悩みや不安はありませんか?糀谷・大鳥居の歯医者「有福歯科医院」がお父様、お母様の歯科に関するお悩みにお答えします。

Q.歯医者さんはいつから通えばいいですか?
乳歯が生えてきたら、必ず歯科医院に行って、検診や予防歯科を受診するようにしましょう。また、乳歯が生える前でも口内炎などお口の病気にかかったら歯科医師の診察を受けなくてはいけません。
歯医者さんを怖がってしまいます……。

警戒心の強いお子様は歯科医院に対して恐怖心を抱くことがあります。そういったお子様には診療室に入る、椅子に座るといった動作一つひとつを誉めてあげ、だんだんに慣らしてあげましょう。そうしていくことで少しずつ自信がついていきます。

また、むし歯になり、痛い治療を受ける前に、予防歯科でむし歯を防ぐことも歯医者さんを怖がらせないためには重要です。日頃から痛くない処置を受け、歯医者さんは怖くないと思ってもらうようにしましょう。

Q.親も治療中は同席したほうがいいでしょうか?
当院ではお子様の自立を促すために、同席はご遠慮いただいています。頑張って一人で治療を受けることができたら、「よくできたね」と誉めてあげてください。
Q.歯が生え始めて気をつけることはありますか?
虫歯の感染源は親御様であるとことが多いと言われています。同じ食器を使ったり、口移しで食べ物を与えたりすることによってむし歯菌が移ってしまうのです。同じスプーンや箸を使わない、口移しをしないなどの対策をとり、感染しないように気を配りましょう。
Q.乳歯が抜けたらどうしたらいいですか?
歯が抜けた後の歯茎はとても敏感です。指で触るなどをしていると雑菌が繁殖し、炎症が起きたり熱が出たりする場合もあります。歯が抜けた後はそっとしておくようにしましょう。もし炎症が起きた場合は、速やかに歯科医院にご来院ください。抗生剤を処方し、症状が落ち着くように促します。
Q.歯にいいおやつを教えてください。

天然の甘味料であるキシリトールには、歯を丈夫にする効果があるので、キシリトールを含んだアメやガムなどがいいでしょう。飲み物は、糖分の多いジュースではなく、お水や、歯にいい「フッ素」を含んだ緑茶などがおすすめです。

当院では、ご来院いただいたお子様に、歯科医院でしか取り扱っていない歯にやさしいラムネを差し上げています。お子様のおやつにぜひどうぞ。

お子様の歯を守るために当院が取り組んでいることはこちら