お子様向けの治療方法

お子様向けの治療方法

糀谷・大鳥居の歯医者「有福歯科医院」では、無理やり治療を行うことで、お子様が歯医者に対して苦手意識をもってしまうと考えています。そのため、重度のむし歯など緊急性を要するケースを除いて、無理に治療することはありません。

お子様の自主性を重視し、何度も通いながらだんだん慣れてもらうことで、歯医者に対する抵抗感も少なくなり、一人でちゃんと治療を受けられるようになるのです。

まずは歯医者に慣れてもらいます

まずは歯医者に慣れてもらいます

歯医者に慣れていないお子様は、診療台や診療器具を「怖い」と思ってしまうこともあるでしょう。当院では、これら診療道具をいきなり使うのではなく、まずは見せて、使い方を説明し、慣れてもらうことから始めています。そして準備ができたところから、器具をお口に入れ除々に治療を始めていきます。

処置方法紹介

当院で行っているお子様向けの歯科処置をご紹介します。

歯みがき指導

歯みがき指導

お口の形や歯並びは一人ひとり異なります。当院では、そのお子様のお口に合わせた歯みがきの仕方をお伝えします。また、親御様には仕上げみがきの方法をご説明します。

シーラント

シーラント

奥歯には深い溝があります。この溝に食べカスや歯垢が溜まることで、むし歯の原因になってしまいます。当院では奥歯の溝を歯科用プラスチックで塞ぎ、むし歯を予防するシーラントを行っています。

フッ素塗布(トレー法)

フッ素には、歯質を強くする効果があります。このフッ素を歯に塗布することで、むし歯を予防します。歯質がやわらかいお子様の歯には特に効果的な処置です。当院ではフッ素トレーを使うことで、通常のフッ素塗布よりも浸透力を高めています。

過剰歯の抜歯
  • 過剰歯の抜歯1
  • 過剰歯の抜歯2

歯が生えてくる際、本来は生えないはずの歯「過剰歯」が生えてくることがあります。過剰歯は、歯並びを乱したり、咬み合わせに悪影響を及ぼしたりすることもあるため、当院では過剰歯の抜歯をおすすめしています。

お子様の歯をむし歯から守るコツはこちら